PhotoCreator K.Nの画日記

フリーランスカメラマンとして活動しているK.Nです。モータースポーツ・ブライダル等幅広く撮影しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

久々のMAC♪

ブログの更新 大変久々になってしまいました・・・。
ここのところ出張撮影が多く、PCに向かっている時間がありませんでした。
出張撮影中に感じたのですが、今使っているノートPC 「VAIO TZ72B」 RAWデーター変換が遅いんですよね・・。
そこで・・PC変更しました。
15年ぶりのMAC「MacBookPro」!
RAW現像してみての感想は、早っ!!今まで1枚1分かかっていた現像処理が、何と10秒!!
流石に新しいPCは違いますね。

Apple1

Apple2

スポンサーサイト
機材ネタ | コメント:0 | トラックバック:1 |

EOS-1D X 発表!

10月18日 Canonさんから「EOS-1D X」が発表されました。
発売前から色々な噂が出ていましたが、実際のスペックは実用性重視の高感度増強・ボタン類の見直し・映像エンジンの変更などでした。
噂であった4000万画素ではありませんでした。EOS-1DsⅢの後継機が発売されるのを待っていた私には え?という感じだったのですが、EOS-1DⅣの進化型と考えるとかなりの物だと思います。
EOS-1DXは Ds系とD系の統合型らしいのですが、どちらかといえばD系の進化版ではないかと思えます。まあ、Ds系のフルセンサー・D系の連射能力、高感度を両方手に入れた万能版なのでしょうね。
センサーがフルになる事を望んでいたユーザーも多いのでしょうが、APS-Hのままを望んでいたユーザーもかなり数いたのではないでしょうか。私はレンズの焦点距離が忠実に再現されるフルセンサーが好みですが。
今回のモデルチェンジは、プロからの要求をかなり取り入れてありますね。私もアンケートで要求した事も改善されていました。(私の意見が通ったのではなく、沢山のカメラマンさんがおもっていたからでしょうが。)

特に私が魅力だった点は
・常用ISO 100~51200(ニコンさんに負けていた高感度域の撮影 逆転できる?)
・縦位置用マルチコントローラーの装備
・マルチ電子ロック(今までは縦位置用のサブ電子ダイヤルにパーマセルテープなどを貼っていました)
・AFマイクロアジャストメント(ワイド端とテレ端で、それぞれに調整可能・同じ種類のレンズでも、レンズごとに調整データを登録できる。)
・デュアルアクシス電子水準器(私は今まではストロボシューに水準器を付けていました)

これだけでも大幅な改善だと思います。
後は発売後 実際使用してみてAFの改善・AEの改善点などを検証してみないと分かりませんね。
一応 予約は入れてしまいました・・・

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

機材ネタ | コメント:2 | トラックバック:0 |

フード

先日 雑誌で見かけて「どうなのかな?」と思っていた白いフード「エツミ ホワイトフードLH-87」試しに購入してみました。
感想は
・良い点・
EF70-200F2.8LisⅡの白とは少し違いましたが、直射日光に当たっていても暑くならない!
何と言っても目立つ!
・悪い点・
レンズとの取り付け部分の精度が悪くかなり固い。(私はヤスリで面取りしてしまいました。)
内側の反射防止が植毛ではない。
傷が目立つ。(一般のユーザーさんが大切に使用すれば問題はないのか・・・。)

フード

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

機材ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |

一脚改造

日曜日の撮影終了後機材の片付けをしていると、一脚の石突部分が無い!!
何と言う事だ・・VANGUARD アルミ一脚 Tracker AP-364 この商品のフラット石突 気に入っていたのですが・・。
しかし転んでもただでは起きたくない私は、以前よりスキー・スノーボードの撮影の時あったら便利かなと思っていたスノー石突に改造する事を決めました。
使用した部品は3点 トレッキングステッキの交換部品です。
・LEKI フレックスチップM
・LEKI スリップレスラバーロング
・LEKI ツアーリングバスケット
以上の部品です。総額は2000円弱。
先端のボルトが少々邪魔になる為1cm程切断、先端を滑らかに加工。
金属部分の加工は、リンクにもある「乗物屋SpeedMasterの作業記録簿」のSpeedMasterさんにお手伝いして頂きました。SpeedMasterさんありがとうございました。
後は部品を組み上げただけです。
で、出来上がりがこちら
一脚 1
先ゴム外すと
一脚 2
こんな感じです。

うん ナイスな仕上がりです♪

今週末のスキー撮影で使用してみます。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

機材ネタ | コメント:3 | トラックバック:0 |

望遠・広角の特性を考えましょう。

今回は珍しく撮影の仕方について考えてみたいと思います。
デジタル一眼を買ったのに何だか上手に撮影出来ない・・
コンデジの方が楽に綺麗に撮影出来るじゃん!
などと思っている方 デジ一の特性を分かって撮影していますか?
コンデジは超の付く位の広角レンズが付いています。と言う事はピントの合う範囲がとても広い(被写界深度が深い)ので複数の物を同時に撮影するのには適しています。
例えば
携帯3
こんな感じに全部にピントが合います。
しかし、逆に一部にピントを合わす事は出来ません。
そんな時にデジ一を使えば(写真は200mm絞り2.8)
携帯2
こんな感じに一部分を強調させる事が出来ます。

しかもデジ一なら広角レンズを使い、絞りを絞り込めば(写真は100mm絞り11)
携帯 1
かなりピントの合う範囲が広くなります。

それから、望遠レンズを使う事で圧縮効果を得る事が出来ます。

それではもう1つ。
ランプ1
こんな感じのランプ 普通に撮影すると背景の壁と同化してしまい浮き立ちません。
そこで、望遠レンズを使い1部分を切り取ってみると
ランプ2
こんな感じに。好みもありますが少しアートになりました。
では最後に私ならこう撮るという画像を載せておきます。
この商品は灯油を使った暖かい色合いの光が売りらしいのでそこを強調して
ランプ
こんな感じに撮影します。

※今回掲載した写真は全て同じ時間に同じ場所で撮影しています。


テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

機材ネタ | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。